透光ルーバーパネル | 加飾技術

光を通しながら視線を遮る、新機能パネルのLP型

 PMMA(アクリル樹脂)  各種対応可能
次世代フェンスとして、お客様より「光を積極的に取り込む、明るいフェンスを作りたい」とのご要望を頂きました。 フェンスは通常、視線を遮る事を目的にしています。 「視線を遮る」=「光を遮る」事が常識でした。 その常識を覆すべく提案し、商品化したのがこの透光ルーバーパネルです。 透光ルーバーパネルは、透明樹脂と不透明樹脂を交互に配置した2種多層のルーバー構造をしております。太陽光は透明樹脂部分を通過し、「光の遮り」を最小限に抑えています。 一方、視線は不透明樹脂により、有効的に遮っております。 ≫透光ルーバーパネルの詳しい情報はこちらから